FaithPro.org Bible Answers For Living Life To The Fullest

人は死んだ後どうなるのですか?

lifeafterdeath次のような言い回しがあります。「この世で避けられないただ2つのことは死と納税である。」確かにこの言葉には真理があります。納税は人生の現実です。私たちはみな税金を納めなければなりません。うまくすれば政府がそのお金を学校、道路、高等教育、防衛等々にちゃんと使ってくれます。そして、あなたがどの国に住んでいるかによって、税金がどう使われているか明らかだったり、そうでなかったりします。

死ぬとどうなるのか?

多くの人たちにとって、税金の使い道よりももっと明らかでないことは、「死んだら自分はどうなるのだろうか?」という問題です。答えを一言で言えば、あなた(あなたの霊魂)はあなたの肉体を離れ、神のもとに行くか、神から永遠に引き離されるか、どちらかであるということです。

宗教

ある宗教では、人は肉体が死ぬと輪廻転生し、この地上で良い生き方をすればより良い人間に生まれ変わると教えます。そして悪い生き方をすれば動物か何らかの生物に生まれ変わると教えます。この信仰体系の問題点は、人の生はただの繰り返しということになるだけでなく、自分のいわゆる「前世」を覚えている人は本当のところだれもいないということです。人が宗教、麻薬、魔術、無神論やその他の偽り事を通じて暗闇の世界に足を突っ込むと、敵(悪魔)は間違いなく、その人をさらに真理から遠ざけようとします。時々、人々が自分の「前世」について話しているのを聞くことがありますが、その背後には悪魔的な力が働いているのであり、その話は作り話なのです。

いわゆる発展途上国の人々は、死ぬと自分がどうなるかを特に思案しません。なぜなら、彼らの多くは天国と地獄(あるいは陰府(よみ))があることを当然のこととして知っているからです。それに対し、いわゆる先進国の人々は、人は死ぬとそれで終わりだと考える傾向があります。人は生まれて死ぬだけだというのが彼らの考えです。彼らは働くことで忙しすぎて、自分がなぜここにいるかを考えないのです。しかし、死について神が聖書で語っておられることを知るならば、それは危険な考えなのです。

世俗社会

別のある人たちは、天国への道は自分で作るものだと考えます。多くの人たちが、善人たちは天国に行き悪人たちは地獄や陰府(よみ)に行くという、誤った考え方をもっています。この考え方の問題点は、誰が善人で誰が悪人かをいったいどうやって決めるのかということです。お店を強盗する人は善人でしょうか、悪人でしょうか? 盗人と嘘つきとの差は実のところ何なのでしょうか?

聖書は、私たちが死ぬとどうなるかについてとても明確に語っています。テサロニケ人への手紙第一5章23節は、人間は3つの部分からなると教えています。人間は霊であって、魂(知性、意志、感情)をもっており、肉体の中に生きているということです。それでは、死ぬと私たちはどうなるのでしょうか? これに答える前に、ちょっと考えておきたいことがあります。

今この文章を読んでいるあなたは、自分というものが存在していることをご存じです。それでは、あなたという存在はいつ始まったのでしょうか? それはあなたのお母さんとお父さんによって受胎がなされた時です。性的交わりというものは単に肉体的なものではなく、一つの霊的な行動です。そこでは二つの霊が結び付き、この二つの霊を通して神が新しい存在を創り出されます。あなたの存在は胎の中で始まったのです。

私たちは死ぬとそれで終わりなのか?

それでは、人は死ぬとどうなるのでしょうか? ヘブライ人への手紙9章27節は、人間には、一度死ぬことと死後にさばきを受けることが定まっていると教えています。どのようなさばきを受けるのでしょうか? 私たちは、自分が肉体にあってこの地上でしたことに応じて神からさばかれます。そして人間には問題があります。それは、私たちはみな失敗し過ちを犯しているということです。ローマ人への手紙3章23節は、すべての人が罪を犯し、神の基準に達しないと教えています。しかし、ヨハネの福音書3章16節は、神は世を愛されたので、私たちの身代わりとして、ご自分の完全な御子イエス(神であられる方)を死に渡されたと教えています。ただし、ここには注意すべき点があります。

ヨハネの福音書3章16節は、あなたは信じなければならないと教えているのです。それでは何を信じなければならないのでしょうか? あなたは、イエス・キリストがあなたの過ち、未熟さ、神の前での罪を覆うために、あなたの身代わりに死なれたことを信じなければならないのです。イエスは私たちの代弁者、そして代理であられます。私たちが神との関係をもてるよう、イエスは私たちを義としてくださったのです。

もし、あなたが神との関係をもっているならば、もし、あなたが神の御子イエスの十字架の上の死という御業を受け入れるならば、あなたは救われ永遠のいのちをもつと、ヨハネの福音書3章16節は教えています。永遠のいのちとは何でしょうか? それは天国で神とともに生きることです。何から救われるのでしょうか? 真っ暗闇の地獄における、永遠の死と神からの隔離とから救われるのです。

死んだら終わりではない

あなたが死ぬ時、あなたは本当は死にません。あなたの肉体は死にますが、あなたの霊魂は存在し続けます。死ぬとあなたの霊魂はあなたの肉体を離れて神のもとに行きます。しかし、肉体をもってこの地上で生きている間にイエスを受け入れないならば、あなたは神と、神の国(天国)と、神の民から永遠に引き離されます。あなたは自分のしたことのゆえに、永遠の断罪の場に入れられるのです。そこはレイプ犯たち、嘘つきたち、盗人たち、詐欺師たち、性的罪を犯した者たち、殺人者たちで満ちている所です。私たちはイエスなしでは滅びるのです。きよく完全な方である父なる神には、ほんのわずかな罪も容認ができません。最悪の性的犯罪者であろうと、ちょっとした嘘つきであろうと、神の前では、神の目には、みな悪しき者なのです。

神が私たちのために立ててくださったご計画は何でしょうか? ヨハネの福音書10章10節を見ると、イエスは、永遠のいのちを今ここで与えるだけではなく、豊かないのちを与えるためにも来られたことが分かります。

人々は死を恐れていますが、それは当然のことです。あなたが今日行う決断があなたの永遠に影響を及ぼします。神はテモテへの手紙第一2章4節で、神の願いはすべての人がご自分のもとに来ることであると確証しておられます。死を恐れる必要はありません。なぜなら、聖書はコリント人への手紙第二5章8節で、あなたは肉体を離れると父なる神のみもとに行くことになると確証しているからです。しかし、もしあなたがイエスを知らないなら、あなたは滅びます。神はあなたと関係をもちたいと願っておられますが、あなたが神との関係の扉を開かなければなりません。神は私たちにご自分を押し付けることはなさらないからです。

次のように祈ってください

父なる神さま、わたしは自分が罪人であることを認めます。あなたの恵みによって死と罪から救われると、わたしは知っています。わたしのすべての罪、欠点、過ちを赦してください。今、わたしはイエスさまをわたしの救い主と告白します。イエスさまがわたしの身代わりに死んでくださったことを認めます。イエスさまが十字架上の御業によってわたしのすべての罪を洗ってくださったので、わたしはあなたの前に義とされ、完全なものとされました。今、わたしはあなたのいのちを受け取ります。死ぬ時も生きている時もあなたがわたしとともにいてくださると、わたしは知っています。わたしを救ってくださりありがとうございます。わたしがもっとあなたのようになれるよう、わたしを教えてください。あなたが教えてくださった豊かないのちに歩めるよう、わたしを教えてください。イエスさまの御名によって祈ります。アーメン。

___________________________

フェイスプロを読んでいただき感謝します! あなたは真理を知りたいのでフェイスプロを読んでおられるのです。御言葉の真理はあなたを自由にします! その自由を自分だけにとどめないでください! 下のボタンを押して他の人たちに分かち合ってください。一言の神の御言葉がだれかの人生を永遠に変えることがあるのです! イエスは主です!

質問 クリスチャンリビング

クリスチャンにとって最高の休暇とは?

質問 神様の経済

なぜ私たちは献げるべきなのですか?

質問 主イエス様

イエス・キリストはどのようなお方ですか?

質問 クリスチャンリビング

人々が映画やテレビやインターネットでセックスシーンを見ることを神は気にされませんか?

質問

聖書において、説明責任(アカウンタビリティー)をもつ年齢とは何ですか?

質問 お祈り

神はどこにおられるのですか?

質問 クリスチャンリビング

「ゲイ」や「レズビアン」や同性愛者であることについて聖書は何と言っていますか?